印刷業の実態

典型的な内需型産業である印刷業は現在非常に厳しい
状況にあるとされている。私の指導しているクライア
ント企業でもそうだ。

単純な商業印刷などは価格圧力が強い上に競合との受注
競争で薄利多売から抜け出さない。

どうやって、付加価値を付けて商売をするのか?
この点が焦点である。

一般商業印刷というのは、何かのイベントや催事のPRをしたり、
会社のカタログや製品紹介パンフなどが多い。最近はその
ノウハウをWEB化して提供している先も多い。

となると、焦点は「印刷物の効き目」になる。
効き目は測り難いが「効き目が高いと予測できる提案を
することが不可欠」だ。それに、独自の印刷技法などを組合せる
あるいは、同業他社と協力して共同提案するなどの工夫が
成功の秘訣になる。

単なる商品紹介パンフでもいろいろな工夫がされているのを
最近よく目にする。これも客様の発想ではなく、印刷会社の発想
なんだろうと思う。

効き目の高い提案をする前提は、「お客様のお困りごとの把握」と
「やりたい事の把握」となる。
でも、結構これが出来ていないことが多い。

まずは顧客(市場)要求の把握効き目提案がキーワードになると思う。

参考にしてみてください。

スポンサーサイト

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

新商品

皆さん、期待してください。
株式会社NIコンサルティングが新商品を出しますよ!

内容はナイショですが、特に弊社のSFAをご利用頂いて
いますお客様には競合他社と差別化できるチャンスです。
ついでに営業効率もグーン!とアップします。

もちろん新規でSFAとセットで導入活用頂くと営業生産性は
飛躍的にアップ間違いなしです。

内容が知りたい方は私まで電話かメールください。
ナイショでお知らせします。

3月までに購入決定されるお客様には特典も付きます。

是非、今後の当社にご期待ください。

今日は宣伝でした。。。

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

労働人口

お陰様でセミナーは雨の中でも熱心に受講される方々で熱気でムンムンしていました。
やはり、営業改革・経営改革は必須の企業のテーマであり、関心は非常に高いと肌で感じた。

来月も京都で開催します。是非よかったらお越しください。

さて、今夜のワールドビジネスサテライトで特集していましたが、これから労働人口が急激に
減少するよう
です。要するに「働き手の減少」で深刻化するようです。今でも都内の飲食店などでもパート採用が困難を極めているそうです。1人のパートを採用するのに7万円も掛かったと紹介していました。

皆さんの企業では将来の「働き手」の確保が出来ていますか?

特に中小企業の経営者の皆さんにとっては深刻な問題です。団塊世代のベテランは退職する。新人や中途採用はなかなか採用できない。そうなると「生産性を高めて窮地を救うしかない」と思います。ひとり当たりの生産性や売上高を高めるのです。我々はそのお手伝いをするのが目的です。SFAの導入が目的ではありません。ただし、効率化経営を促すにはIT活用は必須と考えております。



テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

世界同時株安!

本題に入る前に、本日某大手旅行会社のセールスレディが飛び込み営業に来た。
もしかして、昨日の私のブログを見て来たのか?もしそうなら、恐るべし!
単なる偶然とは思うが、もし明日も飛び込んで来たら、なぜ来たのか?聞いてみます。

本日も大きく株価は下げました。一時、650円を超える下げです。
しかも世界同時株安です。

マスコミは一斉に「政府の緊急経済政策を求む!」と言い出した。
また、いつもと同じパターンだ。。。マスコミも勉強して欲しい。
ここで金利政策や減税政策を打ったら、また国が負担を強いられる。
子孫にツケばかり残すのはそろそろ止めよう。

中小企業も大企業も設備投資やIT投資に慎重になるんじゃないか?と不安になるが、
やるべき投資は必要なので、継続して投資もやって欲しい!
今こそ、日本企業の底力を見せて、アジア諸国との違いを見せ付けるチャンスではないか?
攻めの投資で逆転しよう。

IT投資で営業が活性化し、売上が伸びる。
それがSFA導入だと思う。
是非、考えて見てほしい。

明日はセミナーです。こんな話も少し交えて話をしてみます。
報告は明日。

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

富士山

この土曜日、日曜日と社内の「全社大会」に参加してきました。
他の会社でも社員旅行と呼ばれるのでしょうが、当社では「全社大会」です。

社員旅行と呼ばない理由は単なる旅行ではないからです。

当社は北は北海道から南は九州まで拠点がありますので、全社員が一同に会する
のは年に2回だけです。業績もお陰様で好調なので、グングン社員数も増えており
貴重なコミュニケーションの機会です。
また、この寒い1月に開催するのは12月決算なので新年度の会社方針や部門方針の
説明や確認を全社員が参加し行う貴重な機会なのです。

単に宴会をして終わる社員旅行ではなく、他の社員とコミュニケーションをとる。
「SFAを販売しているIT企業」と当社を見ている方も多いでしょうが、そういう面ではすごくアナログなんです。
コミュニケーションはアナログが良いのです。普段のメールのやりとりでは相手の表情などは
見えません。一度、顔を合わしておくと次からのコミュニケーションもスムーズだったりします。

今年は富士山を見に行きました。とても美しい富士山を拝められ、とても有意義な旅でした。
写真がアップできず残念です。
日曜日に二日酔いを覚ますために、6時に起床しランニングしたときに見た河口湖畔からの富士山は絶景でした。まさに、早起きは三文の徳でした。

SFA導入の成功秘訣 その5

改革チームの結成

プロジェクトチームとも呼ぶことが多いが、SFA導入を目的とするものでも
良いし、営業効率化アッププロジェクトでも良い。名前は何でも良いが、
改革推進チームを結成すべきである。

チームには営業部門の責任者が座長になってもらい(中小企業なら社長でもOK)
営業管理職、営業担当者、システム部門長、経営企画部メンバーなので
組織して欲しい。

そのプロジェクトで目的やゴールの設定、システムのルール作りなどを行います。

大事なのはシステムが稼動して終わりではない点。
稼動してからもゴールとのギャップを測定し、改善を繰り返してもらう。
システム屋さんに言わせるとこれを「アセスメント」と呼ぶらしい。

決してシステム部門が音頭を取って進める必要は無い。営業部門が必要とする
システムなんだから、営業部門に音頭を取ってもらうべきだ。

構造改革

日経平均株価が1万4000円割れ!

新聞各社が報じています。ビジネス紙で有名な某紙は社説欄で
「政府の政策が元凶」と指摘していた。果たして、そうだろうか?

人口減少で内需拡大が期待できなくなった。
海外に出て行ける財と人材を保有している企業は
内需より外需へとシフトしていった。
だが、円高と原油高、さらにサブプライムローンの影響で
先行き不安となりつつあり、株価も上昇しない。

今まではこういう苦しい局面では政府が「税制優遇措置」や「内需拡大政策」を
打って出て、景気回復やインフラ改善が行われてきた。もちろんその政策には
巨額の富が必要であり、これが国や地方の財政を圧迫していった。一時的には景気は回復するが、長期的に見ると国の借金だけが膨れ上がっていった構造だ。

小泉総理は「政府への傾注はやめてくれ」「自助努力で拡大すべき」「政府も行政も
構造改革するのだから、民間企業も構造改革してほしい」と訴えてきた。
これ以上国の財政を圧迫するような政策は打たず、長期的な財政の健全化を訴えたのだった。
それに応じる形で民間企業も構造改革や経営改革に着手し一定の成果が出たかと思ったが
まだまだ生ぬるいのかも知れない。今回の株価下落、日本国民の生産性の低下がそれを
如実に表している。


結局、政府より変化を嫌うのは民間企業や国民ではないか?

現に私を呼んでくださる企業でも「経営改革」には及び腰になっている経営者や幹部が
多いのは事実である。このままでは日本国も日本企業も護送船団として沈没しかねない。
この厳しい経済環境下でも打ち勝てる企業経営を目指すべきであり、政府や第三者にそれを
期待していては、将来はないだろう。

今こそ、中長期的な視野に立って経営改革、企業内の構造改革に着手するべきである。
企業の規模は関係ない。自社の生き抜く道をしっかり確保する事が急務だと確信してやまない。

えべっさん

今日は今宮戎に行ってきました。
皆さんご存知の「十日えびす」です。

関西では「えべっさん」と言います。(微妙なイントネーションで発音します)
テレビで見た事のある方もおられると思います。

一般的な参拝の流れを紹介しますと、まずは本堂を参拝します。
そのヨコで福娘が笹を配ってくれます。その笹にいろいろな縁起物の飾りを付けてもらいます。
熊手や米俵、小判やお札などいろいろな種類があります。
飾りにはそれぞれ意味があり、たとえば熊手なら熊手で儲けをかき集めるといった具合です。
その後、本堂の裏手に回って大型の円盤のような鉄の板を叩きます。(これの意味は知りません)

その笹は一年間大事に職場に飾らせてもらい、一年の商売繁盛を見守って頂きます。
笹を職場まで持ち帰るときは福が逃げないように寄り道をせず帰ることとされています。

明日は「残り福」と言いまして、これまた縁起が良いとされております。連休前の金曜日なの
で明日の夜が一番の賑わいになるでしょう。

私は信仰深いので、必ず毎年足を運びます。1年の最初に今年の抱負とともに商売の繁盛と
従業員の健康をお祈りします。今年も良い年になるように祈って来ました。

「えべっさん」に行きますと大阪の商売根性を見ます。難波駅周辺から約2キロくらいにわた
って露天がズラリと並びます。圧巻です。日本広しと言えどもあそこまで露天が並ぶのは
「えべっさん」と「造幣局の通り抜け」の時だけです。呼び込みの声ももちろん関西弁で、
店の人との掛け合いなんかも結構面白いです。

皆さんも是非一度参拝ください。きっと御利益があると思います。

♪♪商売はんじょで笹持って来い♪♪

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

SFA導入の成功秘訣 その4

昨夜のNHKのプロフェッショナルをご覧になられましたか?
寿司職人の小野二郎さんでした。ミシュランの3ツ星レストランに選出されたあのお店のオーナー職人です。
手間ひまを掛けて極上の一品を創出する。いろいろな金言がありました。
私が最も感銘を受けたのは「82歳 現状不満足」です。
名声を手に入れて満足せず、その上を目指す姿勢は本当に参考にしたいと思います。

見ていない方はこのサイトを参考にして下さい。
http://kenmogi.cocolog-nifty.com/professional/2007/12/post_32a7.html

その4

昨日の答えは「20億の目標未達成」です。
これが問題なのです。

「新製品が売れなかった」「市場環境が厳しくなった」「競合の圧力が強まった」などは
どれも、問題ではなく「問題点」や「その要因」と考えてください。

考えて頂きたい道筋は
問題⇒要因⇒問題点⇒課題⇒解決策

20億の未達成の要因を考えて見てください。
その要因を引き起こした問題点はどこにあるのか?考えて見てください。
そうすると、課題が見えてきますし、解決策も視界に入ってきます。
問題1つに対して要因は複数あるでしょう。優先順位も違ったりします。

このような道筋で思考してもらって、何を解決すべきであって、それは何故解決しなければ
ならないのか?を考えてください。
その為にシステムやコンサルが必要と判断すべきなのです。

システム導入やコンサルの実践が目的ではなく、現状の課題、問題点の克服をするための
手段としてSFAの導入をするという大義名分を明確化させることが成功の秘訣です。


このプロセスからお手伝いすることが出来ますので、お気軽にお声掛け下さい。

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

SFA導入の成功秘訣 その3

その3

目標(あるべき姿)-現状(現在地)=問題

その1と2の引き算が御社の現状の「問題」ということになります。
この問題がどのような要因で引き起こされたか、それをどのように克服すべきなのか?
「なぜ?なぜ?なぜ?」と掘り下げて行く事が大切です。

問題⇒要因⇒問題点⇒課題⇒解決策 という道筋で現在解決すべき課題を導き出すことを
営業改革を取り組む際には必ず考えます。これが基本です。

例題1)
本年度の目標売上げが120億でした。しかし、結果は100億でした。
この場合の問題はなにでしょうか?

考えて見てください。

答えは明日です。

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

SFA導入の成功秘訣 ~その2~

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。


今日が仕事始めになりました。午前中を中心にお世話になっているパートナー企業様の
キーマンの方々へ年始の年賀訪問をしてきました。あいにくの雨でしたが、いろいろな新しい
話題を提供頂きました。年始は新しい方針や本年のビジョンなどが示されたりしますので、このタイミングで情報交換することは非常に意味があると思っています。

SFA導入の成功秘訣   その2 

現在地の確認

会社が目指すべき目標の設定をその1で話をしましたが、その次に大事なのは現在地の確認です。目標に対してどの程度のギャップがあるのかを把握するために、現在地点の正確な測定が必要と考えてください。できれば感覚ではなく「数値」で現在地を示すのが最も有効です。測り易いですからね。。。

次回に続く。

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

プロフィール

世古 誠

Author:世古 誠
株式会社NIコンサルティングのコンサルティング本部長として活動しています。
47歳!日々の苦闘と感動を赤裸々に掲載します。

最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード