スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氣力 とは?

忙しくて、最近更新できずに申し訳ございません。

久しぶりの休みにドラマを見ていました。
「フルスイング」というNHKのドラマです。実話のドラマ化だそうです。

元プロ野球のコーチが第二の人生で高校の教師で赴任し、生徒や先生を
勇気付ける話でした。

今日は最終回。

久しぶりにドラマで涙しました。

最後に、主人公が卒業生の生徒に贈る言葉として「氣力」という言葉を贈った。
主人公が考える「氣力」とは「諦めないこと」だと。

まだ39歳の私にはズッシリ響いた言葉でした。
歳の影響か最近「諦める」ことが多くなったような気がします。
体力が無くなってきたからかもしれません。

仕事でも営業でも「氣力」が見られない人を多く見ます。
最後まで諦めずに、執念を持って取り組んで欲しい。
氣力は「人を動かす」「人を感動させる」と思います。
同じ仕事でも氣力をもって取り組むべきと思いを新たにしました。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

Webから資料請求して見たら。。。。

あるソリューションの事を知りたくて、その製品が紹介してあった会社のHPから
資料請求をしてみました。
その後類似製品を見つけ、ほぼ同時に3社に同じアクションをしてみたんですが、
その対応の差にビックリしました。

1社目は速攻で電話がありました。御礼電話です。資料の到着日だけを伝えられました。
結構早かったです。資料請求し3時間後ぐらいでした。

2社目は電話は無かったですが、資料は2日後に到着しました。

3社目は待てど暮らせど資料も電話もなし。。。

皆さんもこんな経験ありませんか?

こちらは資料請求してアクションをわざわざ買い手側から
起こしたのに、ノーリアクション! 

心の中で「そんなんやったら、Webから受け付けるなよな!」と叫んでしまい
そうになった経験がありませんか?

顧客との最初の接点って、とても大事ですよね?
コンタクトできるチャンスを自ら断ち切っていませんか?

皆さんの会社でも一度チェックされると良いと思います。

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

楽天の野村監督

プロ野球もキャンプインしましたね。
先日、スポーツニュースを見ていまして、楽天のキャンプの様子が放映されていました。
野村監督ミニマイクを付けてもらうという企画でした。

私もぼんやり見ていましたが、紅白戦の途中で突然監督がキャッチャーを呼び出し、こう
尋ねました。

監督;「さっきの4番バッターの初球、なんでインコース高めのストレートの要求なんだ?」
キャッチャー;「なぜと言われても」
監督;「どういう意図であの球を要求したんだ?」
キャッチャー;「振らないと思って。。。。」
監督;「なぜ?振らないと想定したんだ?」
キャッチャー;「・・・・・・・・・」
監督;「なぜ?なんでや?」
キャッチャー;「・・・・・・・・・・・・」

監督;「振ってくるという想定で考えるべきではないのか?」
キャッチャー;「そうです。確かに」

こんな会話がありました。

さすがキャッチャー出身の野村監督だから、という感想ではなく、
1球1球の意図を確認していくその姿勢で、選手に1球の重要性を教えておられるのだと
実感しました。必ずその背景や理由を確認していく。これが重要ですね。

営業現場でも同じです。
一言一言の発言が、どのような意図を持った発言なのか?
そこを指導することが重要だと思います。
考えを指導して、行動を修正していく。強調文これですね!!

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

日本一の旅館 その2

日本一の旅館

昨日の続き。。。

その2
年に2回の教育係りによるロープルレイング研修があるそうです。
私の担当の仲居さんは相当のベテランでしたが、必ず年に2回、
しかも実際のお客様の接客を通じて指導をされるそうです。

その中で「自分では出来ていると考えていた事でも指導が入ると
新たな気付きがあって勉強になる」との感想を仰っておられました。

「私の感想」
私もお客様のコンサルティングの際によくロールプレイングをします。
その時に一番厄介な人は「自分は出来ると考えて、何も吸収しようとしない人」です。
自分が「出来ている」と思った瞬間、人間は成長を止めます。成長の機会を自ら奪っているの
です。他人から学ぶ。他人に学んでもらう。どちらも自分を成長させるためには必須なことと
痛感しました。

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

日本一の旅館 その1

土日を使って一度行ってみたかった日本一の旅館に家族で出かけました。
和倉温泉の「加賀屋」です。
http://www.kagaya.co.jp/kagaya/index.html

日本一なのは規模とかではなく、顧客満足度日本一なんです。

その時に仲居さんから聞いた話を小出しで披露します。

その1
毎日15時20分から出勤している全従業員参加の朝礼があるそうです。
ここでは、企業理念や行動指針を唱和しているそうです。実際に従業員の名札の後ろには
クレド(リッツカールトンの呼び方だとこうなる)が入っていて、日々これに基づいて接客に従事
しているとのことです。クレドは仲居さんが本物を見せてくださいまして説明頂きました。

唱和の先導役は当日突然指名されるそうで、企業理念などは暗記しておかないと恥をかくことになるそうです。


「私の感想」
企業理念や行動指針などは何度唱えても実行されなければ意味がない。
しかし、まずは暗記するくらい読み込んで内容を理解することが重要だ。じゃないと体現できないから・・・
経営者やマネージャーは「どうやって自分の考えや方針を伝えれば正確で速いか」を常に考えるが、毎日唱えることもそのひとつなんだと実感した。

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

プロフィール

世古 誠

Author:世古 誠
株式会社NIコンサルティングのコンサルティング本部長として活動しています。
47歳!日々の苦闘と感動を赤裸々に掲載します。

最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。