スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカーの審判指導と営業商談ロールプレイング

先日、久しぶりに高校生のサッカー審判をしてきました。
幸運にも当日の試合にはインストラクターに付いて頂けた。
(インストラクラーは審判員を評価・指導する人を指します)

試合終了後にはインストラクターと反省会を実施し、試合の中での判定や動く方、姿勢などの
良い点、悪い点を指摘頂き、かつ修正が必要な点を洗い出し、改善指導を受けた。

翌日には添付のようなアセスメントレポートをメールで頂戴するので、前日の指摘事項を
振り返り、具体的に次回の審判実施の時に注意すべき点や意識すること、事前の準備などを
列挙し、次回に備えるようにする。

(アセスメントポレートは7項目の評価を10点満点で採点し、各項目の評価や改善点も
記入されている。写真では表紙しか公表できませんのであしからず)
アセスメントレポート

3級以上の上級審判員でアクティブに活動している審判員ならこの流れを繰り返し、
実践を重ね、改善を繰り返し技量を向上させてる。



私は同じ事を営業マン育成の時に実践していることに気付いた。
商談ロープレである。

実践しては反省会を行い、改善点を指摘して次の実戦に臨む。
実戦での改善点はまた次のロープレの題材にし、さらにレベルアップを図る。
体系化し点数方式で評価してもよいし、ロープレの様子をビデオに撮影し具体的に
映像で確認しつつ修正指導することも効果があると思う。

いずれにせよ、
自己流で実践するだけでなく、客観的に第三者の視点で
評価をしてもらいそのフィードバックを受けることが自己
成長には欠かせないと思う。


さて、みなさんの営業現場でもロープレをきっちり実施していますか?
方法など不明な場合は是非、世古までお問い合わせください。

今日はこのあたりで。
スポンサーサイト

褒めるコツ

9月に入りまして、いきなり台風の被害が出ています。
被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。

さて、大阪府経営合理化協会が発刊しておられる
「合理化」爽秋号に事例として私の記事を掲載して頂きました。
「わが社のネットワーク活用への挑戦」がテーマです。
実際のわが社でのネットワーク活用の実例を記事にしてもらいました。
ご興味のある方は是非、お取り寄せ頂き読んでみてください。
http://www.gourika.or.jp/index.html

昨夜(9月4日)のNHK特集で「脳がよみがえる」という脳卒中の患者さんの
リハビリ期における脳の再生メカニズムについて放送していました。
非常に興味深い内容の番組だったのですが、ビジネスでも同じことが言える部分が
多くありました。
特に、「褒める」行為を通じて脳が活性化するという部分。
褒められると単に嬉しいだけではなく、さらに褒めてもらうために
どのような行為を行うべきか?思考するようになるとのこと。
当然、脳が活性化するというのです。

その褒める時のコツですが、番組では学者さんがこのように言っていた。
「すぐにその場で褒める」
「具体的に褒める」

とても大事なことです。
(私も叱り方のコツで同じ内容を指摘しています。)

特に、具体的に褒めることがなければ先ほど述べたような脳の活性化には
つながりません。
上司が部下を褒める時も同じ原則です。褒められた部下の脳も同じ原理です。
コツを実践してみてください。

ちなみに子育てでも同じですよ。。。

今日はこの辺りで。
プロフィール

Author:世古 誠
株式会社NIコンサルティングのコンサルティング本部長として活動しています。
47歳!日々の苦闘と感動を赤裸々に掲載します。

最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。