スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほめる事は難しい

師走の大詰めになってまいりました。
寒さも一段と増してきていますので、みなさん体調管理には十分気を付けて下さい。
忙しさに負けブログの更新を怠っており申し訳ございませんでした。

さて、本題です。
今月の上旬に「上手なほめ方、叱り方」
という講演をさせて頂きました。
いままでは叱り方を指導してきましたが、来年からは「ほめ方」も指導していきたいと思っています。
なぜ、ほめ方を取り上げるのか?単に叱り方の対だからではないのです。
ほめる事ってすごく難しいことだと気付いたからです。

例えば、「君、すごくセンスの良いネクタイしてるね。」と相手をほめたとしてください。
ほめる側は「ほめようと思って言葉を発信」しているのですが、受け側はどのように感じるでしょうか?
①正直に嬉しく感じる
②お世辞を言いやがって。。。
③じゃ、いつもしているネクタイはセンスが無いってことか?

など、受け止め方が異なるのではないでしょうか?

これが難しいということなんです。

強調文特に日本語は難しいんです。英語なら「Nice tie!」でOKなんです。簡単で単純です。
Nice tieはNice tieなんです。が日本語にすると
「そのネクタイ良いよね」
「センスの良いネクタイだね」
「よく似合っているよ」
まで様々な言い方で表現することが出来るのです。

日本語って難しいですね。
特にほめるという作業に対する日本語表現って難しいと思います。
言葉を選ばないと正しく自分の意図が伝わらないのです。

ですから、セミナーでお話したのは、難しいからほめない、というのではなく「感謝を伝える」というアプローチにしてあげると素直な気持ちが言葉に出て、こちらの意図が正確に伝わり易いと解説しています。

感謝を表せば誤解されることもないし、裏を取って解釈されることも少なくなります。
皮肉とか冷やかしで感謝の言葉を発する人は少ないと思います。

ほめようとするのではなく感謝を伝えてみて下さい。
年末なので、一年の感謝を部下や家族、上司、仲間に伝えてみて下さい。自分も相手も心が温かくなりますよ。是非!
スポンサーサイト

テーマ : ビジネスブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

世古 誠

Author:世古 誠
株式会社NIコンサルティングのコンサルティング本部長として活動しています。
47歳!日々の苦闘と感動を赤裸々に掲載します。

最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。