スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部下をほめる意味

営業マネージャー研修 ネタ披露 その4部下をほめる意味

更新が遅れまして、申し訳ございませんでした。
本年は例年にも増してたくさんの研修のご依頼を頂戴しています。
研修内容で多い順番は
①営業マネージャー研修
②営業スキルアップ研修
③SFA(営業支援システム)運用向上研修
と言った順位です。
人材育成でお悩みの企業が多いというのが実態です。

さて、そんな中、部下をほめる意味について考えてみましょう。
皆さん、
部下をほめる意味は?
と聞かれたらどのように回答されますか?

・モチベーションをアップさせる
・部下を認める
・感謝を伝える

などでしょうか?
どれも正解なのですが、ほめる本当の意味は
『正しい行動を習慣化させるため』
と考えて欲しいと思います。

ほめることは、心理学の「強化理論」の「報酬」と考えて欲しいのです。

強化理論
モチベーション⇒行動⇒報酬⇒満足⇒モチベーション⇒行動⇒報酬⇒満足⇒。。。。。。
この流れが繰り返されると、やがてその行動をとることが習慣となる。これを「強化」と言います。

ほめる行為はここで言う「報酬」つまり「心の報酬」なのです。

正しい行動を取った場合には必ず報酬を与えてあげて下さい。満足を覚えると、更にその行動を頑張って、
さらに上手く出来るようにしようというモチベーションに変化します。

子供の「しつけ」も同じです。
食事の後に子供が食べ終わったお皿を炊事場まで運んで来てくれた、という行動を起こした場合、
お母さんは「すごいね。助かるわ、ありがとう。」と子供をほめました。
すると次の日も、その次の日もこの行動を取ってくれるようになります。
しばらくすると、一緒に食事をしていた家族の分まで運んでくるようになりました。
もっとお母さんにほめて貰おうという心理になるからです。

上司があれをやれ、これをやれと言わなくても進んで行動してくれる組織が強い組織です。
そういう人材を育てるためには日々「強化」し続けることが大切です。
そう考えて」ほめる行為」をしてあげて下さい。span>

今日(月)はここまで。。。
スポンサーサイト

テーマ : ビジネスブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

世古 誠

Author:世古 誠
株式会社NIコンサルティングのコンサルティング本部長として活動しています。
47歳!日々の苦闘と感動を赤裸々に掲載します。

最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。