スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

叱り方の相談で最近多いもの。。

営業マネージャー向けのほめ方、叱り方の研修を開催すると、最近同じ傾向の相談を受けることが多くなってきました。
時代の流れだと思いますが、その相談内容と私からのアドバイスを披露しておきます。ご参考に。

【相談内容】
「私の部下の中には自分より年齢が上の方がおられる。
年上の部下とて、叱らないといけない場面に遭遇するのですが、
何か注意するべき点があれば教えてください。

異性の部下の場合も参考に注意点があれば教えてください。」

※最近、この相談が非常に多いのです。※

【私からのアドバイス】
生産年齢人口が減少する中、年上の部下を持つ営業マネージャーが多くなりつつあります。
定年退職されたOBの方の再雇用など高齢者の労働参画は政府も推し進めるところですので、
今後ますます「年上の部下を持つケース」が多くなると思われます。


実際に私の部下にも数名ですが、年上の部下がおります。

注意すべき点は
① リスペクト(尊敬)していると認めた上で叱る
② 頭ごなしに叱りつけない。言い分も聞いてあげる
③ 言葉遣いには注意が必要。せめて丁寧語で叱る

要するに「私はあなたのことは認めている。」ということを伝えつつ厳しい指摘もしてあげてください。
プライドもあると思いますので、その方が伝わり易いと思います。

異性の部下への叱り方の注意点は、
① 基本男女の区別なく叱るべき
② 言葉には細心の注意を払うべき(セクハラやパワハラにならないように)


私の部下にも女性の部下がおりますが、彼女達から「男女の区別なく叱って下さい」ということを良く言われます。
ただし、②には気を付けてください。
そして、
③ 叱った後は必ずフォローをする。 
これを忘れなければ大丈夫です。女性だから、男性だからと差別なく叱りつけてあげてください。

次回もお楽しみに。
スポンサーサイト
プロフィール

世古 誠

Author:世古 誠
株式会社NIコンサルティングのコンサルティング本部長として活動しています。
47歳!日々の苦闘と感動を赤裸々に掲載します。

最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。