スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目標と期限 (検証と修正が成長を促す)



新年度に入り、指導している少年サッカーのチームも新チームでの活動を開始しています。
久しぶりに試合を見に行くと、前半の立ち上がりはゆっくりと試合を運んでいるように見えました。
スタミナ温存かな?と思ってみていましたが、後半に入っても同じようなペース。
終了5分前になって、「このままでは終われない」というキャプテンの声が掛かり、何とかエンジンが掛かり、
1点取って終了という展開でした。
これがゲームプランなのか?とキャプテンに尋ねても、追い詰められて何とかもぎ取った得点だと。。
私からすると、最後の5分でペースアップするのもいいけど、最初から全力で入って早めに得点を重ね、
余裕をもって逃げ切る方がいいのでは?と考えてしましました。

さて、仕事でも同じようなことがありませんか?
追い込まれて、期限が迫ってから急いでやる。
みなさんも一度や二度経験したことがあるのではないでしょうか?

「なぜ、そのような状況に陥ってしまうのか?」
是非、そういう状況に遭遇したときに考えてほしいと思います。

期限が迫ってから"しか"動けないということを繰り返してしまう人は、要因分析ができていないために、
同じことを繰り返してしまうわけです。

私からアドバイスするとすれば、
①ゴール(目標)を決める。
②期限を決める。
③中間のチェックポイントを決める。
④①から③をできるだけ定量的に図れるようにし、必ず測定する。
⑤ミッション終了時に必ず振り返りをする。


例えば1冊の課題ドリルをするとしよう。
①1冊完全に終わらせてすべて理解する。次のテストで100点を採る。
②ドリルは月末までに終える。
③10日で20ページまで終わる。20日で40ページまで終わる。
100点を採れたとしても、90点で終わったとしても必ず振り返りをする。
なぜ、満点が採れたか?なぜ、10点足りなかったか?
その要因を特定して次の課題に取り掛かれば、必ず次は100点が採れるハズだ。
簡単そうに言うけれど、これ、なかなか難しい。

経営戦術づくりも、戦略の仮説検証サイクルも同じような手法ということです。
自分の人生もまた、これらと同じということになりますね。


今日はこの辺で。。。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:世古 誠
株式会社NIコンサルティングのコンサルティング本部長として活動しています。
47歳!日々の苦闘と感動を赤裸々に掲載します。

最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。