スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーンカード

日本サッカー協会(JFA)が2002年のワールドカップ終了後に重要施策として掲げた「キャプテンズ・ミッション」。そのミッション3に位置づけられた「JFAキッズプログラム」と称する幼年層(U-10、U-8、U-6(ここでいうUは年齢別競技の意味))への普及・育成プログラムがある。既存のルールにはレッドカード・イエローカードなどのルール違反に対する罰則(減点法)があり、やってはいけないことへの指導はあるが対象である幼年期に対してはとくにフェアプレイ精神や競技者同士の助け合いなどの行動の育成(褒めることに重点を置く)が競技者及びその指導者などに対して重要と考え、このプログラム内の一環としてグリーンカードは提案された。教育的側面を考え、キッズの定義にとらわれずにU-12などにも使用の奨励がされている。

というのがグリーンカードの説明です。
サッカーの審判が所持しているイエローカード、レッドカードと大きさは同じです。

実は昨日のU-12(小学生)の公式戦で私が主審を勤めグリーンカードを適用しました。

全日本少年サッカー大会の滋賀県予選の2回戦でした。非常に白熱した試合展開で3-2という
スコアで試合終了となりました。さすがに、敗戦チームのイレブンはピッチ上で泣き崩れてしまい、
私と他の審判が励まし立ち上がらせようとしていると、勝利チームのイレブンが手を差し伸べてくれ
ました。
私は審判ながらに、胸に熱いものを感じました。
最後の整列のときに「君たちの熱い情熱と友情にグリーンカードを出します」と言葉をかけ適用しました。

本当にスポーツ精神って素晴らしいですね。

このグリーンカードを是非職場でも適用されてはいかがでしょうか?
自発的に前向きな仕事をしてくれるようになると思います。

スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

世古 誠

Author:世古 誠
株式会社NIコンサルティングのコンサルティング本部長として活動しています。
47歳!日々の苦闘と感動を赤裸々に掲載します。

最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。