スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SFAの上手な使い方 その22 (日報を使って社員の頭の中を見える化する)

先日、大阪にて「若手社員の育て方」というタイトルで60分セミナー講演をしてきた。
その中の最も反応が良かった部分を披露しておきます。

若手社員を育てるには「コミュニケーションの頻度を高め、思考を促すコーチ役に徹するべき」とお話しした。
目に見える「結果」や「行動」を事後処理で指導や教育しても成果につながらないので、あまり意味が無い。
「行動」を引き起こす前の「考え」や「目的認識」を把握し、行動に移す前段階で指導することが必要である。
これが「思考を促すコーチ役の仕事」である。

一番望ましいのは、「考え」をミーティングで確認し指導することだが、そんな時間が確保できないプレイング
マネージャーが多いのが現実である。全部会話でコミュニケーションが取れないので、会話の代わりに書かせる
ことで「考えを見える化」するのだ。

そのために日報に以下のような項目を創り毎日書かせることがポイントとなる。

1)GOOD&NEW 今日、良かったこと、新しかったこと。
2)報・相・連
3)今日の問題点
4)問題点の解決方法


などをそれぞれ1行で良いので書かせる。


すると、
「何を成功と捉えたのか?」「何を問題と捉えたのか?」が把握できる。
問題に対してどのように思考し取り組もうとしているのか?も把握できる。

これは「心」の中を見えるようにすることであって、「心」では人間は思考できないので、
「頭脳すなわち頭の中を見える化」することになる。


これらを把握した上で、日々の指導を行うのだ。

単に毎日の商談を書くのも重要ではあるが、頭の中を見える化するために日報を書くと考えれば毎日時間を費やしてでも運用継続する価値が一層高まることになる。
スポンサーサイト

テーマ : ビジネスブログ
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Author:世古 誠
株式会社NIコンサルティングのコンサルティング本部長として活動しています。
47歳!日々の苦闘と感動を赤裸々に掲載します。

最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。