スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアルなコミュニュケーションの重要性について

寒さも厳しい季節ですになりました。インフルエンザも流行しているようです。
体調管理も仕事のうちです。
早寝早起きと栄養補給で厳しい冬を乗り越えましょう。

さて、本題です。

私の部下は全国の拠点に散らばっています。
よく、「どのようにマネジメントしているのですか?」
と尋ねられます。
もちろん、当社で提供しているNIコラボ(グループウエア)顧客創造日報(SFA)
を活用しているのですが、それを前提としたリアルなコミュニケーション重要視しています。

私は各拠点のマネージャーとは2日に1回程度、早朝に電話を入れて会話をします。
特段要件がなくても電話して、昨夜の日報の詳細な報告を求めたり、担当者の様子の変化の相談をうけたり
見込みの確認をしたり、時にはプライベートなことまで会話したりします。

電話がリアルかと言われるとそうではないかもしれませんが、大事なことは部下に関心を持って、
上の人からコミュニケーションを取るように努めることが大事なのです。

日頃ITを使った情報共有を行っているから、電話での会話も短時間で済むし、わざわざコストをかけて
面談することも少なくて済みます。

これが、これからの時代の広域マネジメントの方法だと思っています
進化すれば電話ではなく、WEB会議や電話TVになるかもしれませんね。
もちろん、ITでの情報共有をしていることが前提です。

さらに、当社では年間2回ですが、全社員が一同に会する機会を設けています。
1月は「全社大会」7月は「フットサル大会」です。
1月の全社大会は新年度の方針発表や戦略の確認を行います。
全社員がリアルなコミュニケーションが取れる計らいをしています。

新人さんなどはメールや電話で日頃やりとりする人ともFACE TO FACEでコミュニケーションをとることが出来、
今後のバーチャルなコミュニケーションもスムーズに行えるようになると思ったと言っています。

いくら世間でITが便利になってもリアルなコミュニケーションに勝るものはありません。
昨夜のNHKのプロフェッショナルでもそのように取材していたと思います。

ITとリアルなコミュニケーションの両立。これが経営の効率化には重要です。
グローバル化するこれからの時代もこれらの両立で上手く切り抜けて行きたいものです。
FACE TO FACEばかりだと効率も良くないわけで、バランスが重要ですね。


2012年1月 当社 全社大会
2012年1月 当社全社大会 伊豆:反射炉にて
スポンサーサイト

テーマ : ビジネスブログ
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:世古 誠
株式会社NIコンサルティングのコンサルティング本部長として活動しています。
47歳!日々の苦闘と感動を赤裸々に掲載します。

最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。