えべっさん

今日は今宮戎に行ってきました。
皆さんご存知の「十日えびす」です。

関西では「えべっさん」と言います。(微妙なイントネーションで発音します)
テレビで見た事のある方もおられると思います。

一般的な参拝の流れを紹介しますと、まずは本堂を参拝します。
そのヨコで福娘が笹を配ってくれます。その笹にいろいろな縁起物の飾りを付けてもらいます。
熊手や米俵、小判やお札などいろいろな種類があります。
飾りにはそれぞれ意味があり、たとえば熊手なら熊手で儲けをかき集めるといった具合です。
その後、本堂の裏手に回って大型の円盤のような鉄の板を叩きます。(これの意味は知りません)

その笹は一年間大事に職場に飾らせてもらい、一年の商売繁盛を見守って頂きます。
笹を職場まで持ち帰るときは福が逃げないように寄り道をせず帰ることとされています。

明日は「残り福」と言いまして、これまた縁起が良いとされております。連休前の金曜日なの
で明日の夜が一番の賑わいになるでしょう。

私は信仰深いので、必ず毎年足を運びます。1年の最初に今年の抱負とともに商売の繁盛と
従業員の健康をお祈りします。今年も良い年になるように祈って来ました。

「えべっさん」に行きますと大阪の商売根性を見ます。難波駅周辺から約2キロくらいにわた
って露天がズラリと並びます。圧巻です。日本広しと言えどもあそこまで露天が並ぶのは
「えべっさん」と「造幣局の通り抜け」の時だけです。呼び込みの声ももちろん関西弁で、
店の人との掛け合いなんかも結構面白いです。

皆さんも是非一度参拝ください。きっと御利益があると思います。

♪♪商売はんじょで笹持って来い♪♪

スポンサーサイト

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

世古 誠

Author:世古 誠
株式会社NIコンサルティングのコンサルティング本部長として活動しています。
47歳!日々の苦闘と感動を赤裸々に掲載します。

最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード